スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続:火力の強いキャンプ用コンロ 

s-解体した414手持ちのコールマンパワーハウス414の分解です。
414はパワーハウスガソリン2バーナーの中では、圧電着火式である点、

デュアルフューエルである点などユニークなバーナーです。
圧電着火は、ランタンのようにグローブ内にガス化したガソリンが溜まる

道具には有効ですが、バーナーなどでは、なかなかガスに引火しにくいこともあり、
それが理由で、現在では、圧電着火は一般的でなくなったものと思います。

今回の改造でも、この圧電着火は実用的では無いので、移植しません。
写真のやや左中央に上下に分かれて丸い皿があるのがバーナーの受け部分。

この2個を切断して下のジェネレーターに直結するパーツのみ使います。
右端にあるのが燃料タンク。直角方向にジェットノズルが一体化しています。

s-タンクの形状がケースの制約シングルバーナー化する場合のサイズの制約は、
全て、このタンクとジェットノズルの大きさによります。 

これが収まる最小限の枠をアングルで作ってみると、
340mm×350mm程度となりました。

アングルは無骨で、格好悪いですが、試作には便利です。
でも、試作品で用が足りてしまうと、綺麗な完成品を作らないかも???


s-仮に収納した様子それで、アングルとガルバニウムのパネルで
簡単なケースを作って、

バーナーとタンクを内部に収納させたのがこの写真。
内部に無駄な空間を多いですが、軍手とか、

プレヒート用のゲル剤でも入れれば良いでしょう。


s-使用時の様子使用時には、こんな形になります。 
試作品としては、これでほぼ完成です。

あとは、鍋を置くための五徳の作製と、
ケースとしての蓋(カバー)と取っ手の加工。

五徳は、結構収納が楽なものを考えています・・・・・



s-元のケースとの比較で、加工前とBEFORE/AFTERの比較ですが、

変化率が少ない???かも???
わざわざやって・・・・??????

いやいや、これでも、この体積の変化は大きいと思うけど(汗;

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/586-c6b1f2fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。