スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス軍のアルミカンティーン:これこそ究極のソロ用湯沸かし!! 

1日で到着しました。スイス軍アルミカンティーン。右は比較のためのカセットガスボンベ。

s-ヴォルケーノーストーブ

s-ヴォルケーノーストーブを展開
セットの中身は、左から満タンで500cc程のカップ。
ストーブの筒(ドラム)となる部分。

900cc程の水筒となります。水筒の蓋がコルクというクラシックさが
購入時にちょっと抵抗になりましたが・・・・なんとかなるのでは????

このセットは、サイズ的にほぼ水筒の大きさに全てが納まっているのが
無駄が無く、素晴らしいです。 構造が単純なので、DIYも考えましたが、

ここまで大きさに無駄なく作るのは大変なので買うことにしました。
筒にカップなり、水筒を入れて底から固形燃料で温めるのが基本的な使い方です。

s-アルコールカップでヒート

ドラムの下部に間口があいていますので、ここから固形燃料を入れて燃焼させます。
今回は、直径4cmのアルミ製カップに固形ではなく、アルコールを入れて燃焼させました。

水は、カップに350cc入れました。カップ上部のクビレの位置で、ちょうど350ccです。
ドラムのサイズは、トランギア・アルコールバーナーも入る大きさですが、

炎が広がり過ぎになり、且つ、ドラムが狭いので、バーナーが急速に加熱され、
無駄にアルコールの気化が進んでしまいます。

今回のカップのサイズでも、もう少し細くて中央に炎が集中する方が良さそうでした。
難なく沸騰し、使用したアルコールの量は、20ccでした。

このカンティーンにボルドーバーナーをセットして使われている人もいるようです。
確かに、この間口に挿し込むには、ボルドーバーナーの形は最適です。


でも、実用一点張りのミリタリーカンティーンに、今や趣味的要素がとても高い
ボルドーバーナーというのも・・・・・個人的には、ちょっとひねりたいところです。

ボルドーのように差し込めるガスバーナーができないものか????
実はすでに材料は手当中でして・・・・近々発表します。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

これは

銀ちゃんも持ってますわ~

花見で火気禁止でも気づかれずに

お湯割りのお湯を沸かしてくれま

したわ~~

d(* ̄∇ ̄)。

結構知る人ぞ知る・・・・ってとこでしょうかね。
私も以前からずっと気になっていて、とうとう買ってしまいました。
いま、これに使う火器をプチ工作中です。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/626-2729853b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。