スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いLPGボンベの処分・再利用など 

s-古いLPGボンベ久々にLPGボンベのネタです。
写真は、古い買いっきりの5kgボンベ。
(ガス屋のリース物じゃないということ)

リース物なら返却すれば済むわけですが、
これは、キャンピングカーを乗り始めた10年以上前に

キャンパー仲間から貰ったもので、もう更新できる期間も
とっくに終了していますので、LPGの再充填ができません。

で処分する場合は、専門業者に頼ることになりますが、
近隣は、全て都市ガス化されていて、以前LPG工場

だった、ちょっと近くの場所でさえ、撤退して住宅団地に
なってしまいましたので、専門業者に会いに遠出をする

必要があります。
まだ、充填期間のあるボンベもあと3本程ありあますが、

充填するにしても、同じです。
幸い、キャンピングカーも小型化してきましたので、

料理関係は、カセットガス、暖房は、
灯油ベースのFFヒーターで代替できますので、

自分の場合、これからのキャンピングにはLPGボンベは不要になりつつあります。

とうことで、わざわざ専門業者に依頼<せず、自分で安全に廃棄なり、再利用をすることに。
安全に・・・・というのは、専門業者のように、完全にボンベ内の残量ガスを抜く、ということです。

これは、業者でも水をボンベに満タンにして、ガスを押し出す、ということですが、
素人ですので、ボンベのバルブが外れません・・・・仕方なく、バルブを付けたまま、

ガスの出口から、水を入れます。

s-ボンベに水を入れて残留ガスを排出水をジョウロでちょっとづつ入れます。
ボンベは、少し斜めにします。

疲れますし、飽きますので、
2日に分けて、作業しました。

述べ1時間位でしょうかね~~~
しっかり満タンにすると、ボンベを

揺すっても、
チャプチャプ音がしなくなります。

ここから、ボンベを廃棄するなら
水を入れたまま、胴体を

ディスクサンダーで切断すれば完了。

再利用するなら、いったん水を
抜く必要がありますね~~~~。

何に再利用するか? によりますが、
エアータンクとして使うなら、

他に穴を空けたくないですね。

でも、その場合、水を抜くのが大変になります。
って言うか、多分、水が抜けないので、底にまず穴を空けて、

エアータンクとして使う場合に、穴を埋める・・・というのが現実的ですね。
あまり圧力のかかるボンベにボルトを付けたり、溶接したり・・・は避けたいところですが・・・

だって、内側からの圧力でボルトなどが鉄砲玉のように飛び出したりすれば危ないでしょ。

ここまで考えて、やっぱり余計なことをせず、解体処理か????と思いましたが、
底にボルト穴を付ければ、飛び出しても、地面に当たるだけなので、安全かも???

ということで、とりあえず、底に穴をあけることにしました。
手順は、上のバルブを閉じる⇒ボンベを逆さ立ちに⇒ドリルで穴開け

⇒再度、ボンベを正立させる⇒バルブを空け、下から水を出す。
とします。 ボンベの中にゴミとか錆とかがあると、

バルブ側から水を出すとバルブが詰まるリスクがあるためです。

水を流している間に、ボンベの再利用についてググってみました。





業者さんは、とてもアーティスティックですね~~~
販売するには、この位手が込んだことをしなければ、商売になりませんからね~~~

でもこれ、上の方が重いので、支柱が腐ってくると事故になりかねないですね。

個人さんでは、やはりエアータンクにする例がありましたが、
エアータンク自体が売り物で良い製品があります。しかも格安で・・・・・

この点が、悩ましいところですね。これ買う方が、よっぽど良いし・・・

k414 41リットルエアータンク

k414 41リットルエアータンク
価格:7,900円(税込、送料別)




さてと、そろそろ水抜き完了していると思いますが、このボンベ、どうしましょう???
やはり鉄クズとして廃棄でしょうかね?







関連記事
スポンサーサイト

Comments

それこそ

重量がありそうなのでだるまストーブになりそうですが・・・

もしくはピザ釜にとかは無理ですか?

( ̄~ ̄;)

捨てるか、遊ぶか、

悩むところですね~~~

確かに肉厚で重量があるので、
その点を有効に使いたいところです。

薪ストーブは、ご存知のように
購入したてのものがあるので、

今回は見送ることにします。

胴で真っ二つに切って、
倒立させて使えば、

自立式の縦長気味の
BBQグリルになるかも?

小さめのピザ釜にもなる?

めっちゃ嵩張るツールですが、
使えないと解ってから

処分すれば良いので気が楽かも?



暖房というよりも

調理火遊びの道具になりそうですが

レンガでかまど作るよりも厚い鉄板

もありかと思います。

炭焼きのかまど?陶芸の釜とか?

超頑丈な燻製器とか・・・・

(* ̄ー ̄*)

炭焼きのかまど?陶芸の釜とか?

陶器作りとか、炭作りですか???

それはそれで、面白いと思うけど・・
場所の確保が難しいですね~~~

家の庭でやると、
自治会のおばちゃま達が

団体で、日頃のうさ晴らしに
来られるでしょう・・・・

もとい、おかげさまで、
昨晩中に案が固まってきました。

本日アップの記事に
ご期待下さい。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/633-82b10791

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。