スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカーランタン用リフレクター作り 

東北巨大地震発生から丸5日目です。
こちら浦安は、当初は、計画停電の第一グループでしたが、散々変更のあげく、

停電計画から除外されました。 要は、どうどうたる被災地扱いになったわけです。
まあ、地域的には、断水・ガス漏れ・停電などが発生してますのでね。

私のところは、停電のみで、一戸建てなので、その中では随分とマシではあります。
そろそろ風呂には入りたいですが・・・・マンション住まいで断水な方が気の毒です。

トイレの水を汲んで自宅まで上がる手間を考えるとね。

私の場合、そろそろ毎日のようにご近所の様子を見に行っておせっかいしようにも、
そろそろおせっかいするものが無くなってきました。

今日は、気分転換で、中国製ペトロマックス風ランタンのリフレクター作りをやっちゃいます。

s-before.jpg

ペトロマックスペトロマックス HK500 ニッケル

ペトロマックスペトロマックス HK500 ニッケル
価格:25,179円(税込、送料別)





左が、以前にもアップしたことのある、中国製のケロシン・ランタン。ブランド名は、ANCHOR、アンカーです。
で、右がイギリスのマニアの中では有名な、ペトロマックス・ランタン。

ご覧のように、アンカーランタンは、ペトロマックスを、ほぼそのまま模倣した構造になっています。
ただし、個別のパーツについては、径などが違って、完全な互換性は無いという品物です。

ペトロマックスには、以下のようにリフレクターや、クッキングトップなどのオプションがあり、
遊び心を満たしてくれるのですが・・・・・

これがアンカーに使えるかどうか不明です。

ペトロマックスクッキングトップ

ペトロマックスクッキングトップ
価格:9,260円(税込、送料別)



そんなことを考えていたところ、台所用品で捨てようと思っていたものを
思い出しました。

s-鍋蓋ステンレス鍋の蓋です。

鍋の方も、もちろん、リユースしてます・・・

ステンレス製ストームクッカーの

カルデラみたいな風防にしました。

これも、ランタンのリフレクター

への転用を思いつくまでは、

そろそろ邪魔なので

捨てようかと

思っていましたが、

リフレクター化が

失敗したら、

捨てることにします。


s-鍋蓋をドリルでカット大きな円形の穴なので

ホールソーなどは

ありません。

ドリルの小穴を繋ぐ

ように、根気良く・・・

ステンレスなので、

ちょっと大変です。

このあとの

バリ取りが

もっと大変です。

やりたい方は、

是非、アルミ皿でやって下さい。


s-reflecter.jpgで、このように、

バリ取りと、

ハンドルが通る穴を空けます。

バリ取りをした大きな穴

のサイズの微調整が

とっても大事です。

大き過ぎると

ランタンに引っ掛かりません。

慎重に現物合わせを

しながら削って

ピッタリ合う

サイズに調整します。

できあがり!! ペトロマックスの物ほど大きいリフレクターじゃないですが、
この方が、ランタンのスタイルとしては、好きです。

s-after.jpg

次はクッキングトップを何とかしたいです。














関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/647-b01feffc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。