スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大地震から1ヶ月:その2 

昨日の続きです。

TVで報道された津波が押し寄せる様子も、中途半端にカットされたものが多く、
また、酷いものは、動画にBGMで効果音まで入れて報道されたことがあった。

ドラマの様な演出に違和感を持ったのは、自分だけじゃないだろう。
海外で放映されたものには、良いものもあるだろうが、画像に中国の地震のものとか、

阪神淡路とかが混入しているようなものもあった。
とりあえず、私が見つけた中では、↓が、気仙沼の惨状wノーカットで捉えていて、

何の解説もなくて、MCやゲストが『酷い!!とか凄い、想像を絶する』なんて
繰り返さなくとも、良く解る。



このあと、気仙沼は、大きな火災になる。 これは、映像が見つからない。


逆に、報道が、解り難くなったというか、報道の量が激しく減っている福島第一原発の様子。
これは、いろいろ探したが、IAEAがアップデートしているFUKUSHIMA NUCLEAR ACCIDENT UPDATE

が、政府や東電の利害関係から離れて報道を続けることができる唯一の媒体なので、
英語が読める人は、一番信頼できそう。 このブログを書いている時点で、4月10日の

アップデートで、原子炉1号機の核反応炉の熱が高く、何らかの異常があることをレポートしている。
その他、周辺地域への放射能汚染に関しても数値を公表している。

その他は、多分TVより週刊誌の方が良くできているかも?
今週の週刊現代を買ってくるつもり。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/660-a2f4c511

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。