スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電:自分も被害者との主張と利権がらみの政治家の動き 

個人のブログで東電問題を書くのは、もうよそうと思っていました。 でも・・・・・

またまた、今週に東電から発表された自分たちに都合のよい津波の映像と、
法定での”想定を超えた津波”で、自分たちに非はない、との主張。

加えて、被災直後に電力料金上げを主張した、バランス感覚が無いと思っていた与謝野爺が
ここにきて、今回の震災は、

「神様の仕業としか説明できない」、同原発の津波対策に関しても
「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だ!!

と主張。バランス感覚が無いだけでなく、情報処理能力が無くなった老害だと思っていたら、
どっこい、この爺、おもいっきり利権がらみだと言う事が解った。

念の為に、今回のトラブル、特に福島第一の一号機の放射線漏れは、
津波によるトラブル前に地震で核容器に亀裂が生じている点を

強調しておきます。またまた誤魔化されそうなので、注意が必要ですよ。

浜岡原発は、津波対策をすれば再開できる・・・みたいな主張ができなくなるので、政府も
強調したくないようですが・・・・・多分、浜岡は、神奈川に駐留している米軍が再開を認めないと

思いますね。

与謝野のキャリアを確認しておくと、

大学卒業後、日本原子力発電に就職し、その後原発推進の中心だった中曽根康弘元首相の秘書をへて
政界入り。衆院科学技術委員長や通産相などを歴任し、原発建設を推進してきた原発族

彼の今回東電を弁護した”人間としては最高の知恵”って、自分たちは、ちゃんと考えた、という自己弁護
でしか無いわけです。 巷では、菅首相が酷いっていうけど、この与謝野って即刻クビものですね~~~

まず、とても大事なことを強調しておきたい。
”想定”とは、もちろん、どのようなリスクにたいしても無限に対応できるコストは負担できないので、

想定”を置く事自体は、間違いなく必要なことですが
その”想定”が、結果として、適切でなかった場合の責任は、”想定”を決めるのに合意した当事者の

責任になるのです。 都合の良い、コスト優先の”想定”を置いた責任は、経営責任を負うことで、
高額の報酬を受取り続けた東電の役員にあることは間違いないわけです。


責任を追求されると、途端に、マンモス組織の東電の役員が、ただのサラリーマンのような主張をするのが
とても滑稽に映ります。 自分が経営責任を負うことで、過去にどれだけの報酬を得ていたか、

深く反省し、覚悟を決めて頂きたい。 東電の社員まで責任を取れとは、誰も言わないでしょう。
生まれ変わった、第二東電とでも言うべき組織で実働部隊は社会に有益な活動を続けてくれるでしょう。

加えて、今回福島第一で命がけの作業を行ってくれた方々の中から、将来経営陣に入る人材が出ることを
強く望みたい。 そのような人こそ、真に、経営と人的リスクのバランスに配慮して経営判断ができる

人材になると思う。 現在の経営陣は、まるで、東電の外で起こっていることに不感症になったような
末期の大日本敵国陸軍参謀達のようだ。 潔く、過去を反省し、退出して頂きたい。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/686-6ad518ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。