スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常用(キャンプ用)ポータブルシャワー 

3・11の被災以降、以前よりも、関心が高まったキャンプ道具が、簡易シャワー。
東北とは比べ物にならない程度でしたが、我が街、浦安でも、浄水道が使えるまで

1週間程ほどかかり、季節がら我慢できましたが、夏場に水が使えないと、
不衛生で厳しいと思います。 前回書いたように、ガスとバッテリーが必要なhot water on demand

ではなく、もっと非常時向きなのは、安価なものでは、これ、

ポータブルシャワー#6600

ポータブルシャワー#6600
価格:1,680円(税込、送料別)



手動ポンピングでシャワーを出す方が実用的ですね。 今回の震災後も、これを使ったレポートが
複数ありました。 お湯でシャワーを浴びたければ、別途お湯を沸かして、ここに入れれば、

面倒でも可能です。 考えられる難点としては、ポンピング機構のOリング部分が経年劣化で
使えなくなる可能性があり、非常時に備えていても、使いたい時にポンピングができるかどうか?

でも安いので、やはり1個揃えておこうと思います。簡単な洗車などにも使えそうですし。
本当に欲しいものは、この黄色のプラスティックのタンク部分がアルミの寸胴などで

できていて、寸胴だけ直接火にかけてお湯を沸かすことのできるものなのですけどね~~~

海外にはありますが・・・・・これは、また別途レポートします。

容量的にもっと大型が欲しければ、以下のようなものもあります。
個人的には、ポータビリティを大事にしたいので、小型のものにしたいところですけど。




あと、全く別の形体ですが、⇓ このシャワー、車の12Vと単一電池4本で動くので、
大鍋で湯を沸かして、そこにドボンっと吸込み口を浸けてシャワーを浴びる・・・という方法は

有効だと思われます。 個人的に好きな、コストパフォーマンスの良いLOGOSの商品です。
お風呂の残り水を吸い上げるポンプで自分で加工すれば、車の12V,100V、電池全てを使える

仕組みも簡単に作れるので、買うかどうか、迷っているところ。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/695-840bfe3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。