スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不用品のリユースで、なんちゃってマジックフレーム? 

3.11以来、なかなかアウトドアネタになる活動ができずに過ごしています。
ただ、8月11日から、再度東北へのボランティアキャンプの計画が固まりそうなので、

支援車両2号を運ぶつもりです。
その間、支援費用を稼ぐためと、予想外の事態に備えるために、激しく身辺整理中です。

今週は、自作のデスクトップ型PCボックスをトールボーイ1台、ミドルタワー3台処分しました。
CPUもメモリーも十分高機能ですが、最新のものの低価格化が進みましたので、自作のメリットが

亡くなりました。HDDもちょっと前までは、大容量と言っていた100GBのものが、とても小さい・・・
なにせ、現在手持ちの外付けHDDは、2TBですからね。

で、厄介なHDDの廃棄・・・情報を取り出されるのも嫌なので、分解して
パーツの再利用で、ついでに作ったのがこれ!!!

なんちゃってマジックフレーム組み立て時


なんちゃってマジックフレーム折りたたみステンレスパネルの4隅に丸いリングを付けて

繋いでいるだけです。 

リングは、100均で入手したものです。

20個位で105円。(笑)

リングに余裕があるので、写真のように、

繋いだままで、2つ折り、4つ折りができます。

4隅の穴は、HDDとして使われていた

ネジ穴をそのまま使っています。

このパネル自体は、もう解ると思いますが、



HDD分解この左右のパネルです。

HDD分解の主目的は、円盤状の媒体を

取り出して、破壊すること。 これでデーターは

復活できなくなります。

これで、余ったパネルを見ると、

メーカーを問わず、サイズが一定で、

材質は300系か400系のステンレス、

厚みが0.7ミリ程度と、使い勝手が良さそう。

M3の火床にプチかまどM3のフロアーパネルに

近いサイズですので、

自作の火床を作るのにも

面白いかも????

ときどき、ユーザーさんから

火床のスリットの大きさを変えたいとか、

長方形でなく、丸穴にしたい・・・・とかの

声も聞くので、試されたい方には、良い材料かも???

ただ、このパネルを外すのは、プラスドライバーではなく、

*型のドライバーのT8サイズが必要です。



念のために、材料となったHDDの写真(左下)と、リングの付け方(右下)を載せました。
リングは、折り畳み安くするために、フック状に曲がった部分は、カットした方が

使い良いようです。
HDD.jpgリングで繋ぐ






一番最初の写真にある十字五徳は、プチかまどM3のものを、そのまま使いました。








関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/709-7284ad6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。