スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃焼剤・着火剤を廃材と廃油で 

これは、さんまの蒲焼缶詰の空き缶に、オガ屑を入れたもの。
オガ屑は、何と言ったか忘れましたが、木材加工で排出したものを

圧縮して固めたものでした。 送料だけでもらえたのですが、処理に困っていました。
ただ、このオガ屑は、灯油を染みこませて焚き火の時に使うと、便利な着火剤になります。

市販のゲル状の着火剤よりは、安価にできます。実は、先日のボランティアキャンプの
時に利用しました。 松ぼっくりでも出来ましたが、日も暮れて、松ぼっくりを拾うのが

面倒になった時には、便利です。

おが屑

でも、松ぼっくりに自然に含有する油でも燃えるわけですから、白灯油などは、
ちょっと勿体ないってことで、廃油で燃焼剤にならないか、ちょっとテストをしました。

何か、佃煮みたいですが、(笑; エンジンオイルの廃油を使いました。
ちょっと、たっぷり入れすぎです。

おが屑に廃油

エンジンオイルは、通常は、自分で交換し、廃油は、紙の廃材に吸収させて燃えるゴミとして
出しています(私の住居地区では、正しい処理方法です)が、

結局そうやって燃やされるなら、焚き火で燃やせば??との考えです。
燃やしてみました。 動画です。



まず、ライターでの着火に手間取っているのは、オイルが漬け過ぎと、オイル自体の性質のため。
着火が灯油ほど楽ではありませんが、一旦着火すると火持ちが良いというか、長続きするので、

備長炭などの火起こしには、便利かも知れません。
黒煙が出ますが、松ぼっくりでも出るので、こんなもんでしょうか?

廃油を利用前に、フィルターでろ過すれば、ちょっとはマシになるかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

ご無沙汰です。不用品や廃材、廃棄物などを有効利用するアイディアはとてもいいですね。サバイバル術としても有効でしょう。また震災地でのボランティア本当にご苦労さまです。

Re: 自己満足

yonaさん、お久しぶりです。

廃品のリユースも、ボランティアも、つまるところ、自己満足なんですが、

ヨーロッパの先進国に10年以上遅れて高齢化社会を迎え、経済も減速してきた

日本では、うまく、国として壮年期を過ごすために必要なこととなる気がします。

貧乏臭くならずに、楽しみながら、できればいいと思っています。


お久しぶりです!
プチかまど、タープで野営する沢登りで活躍しています!
キャンプ使用でも楽しいですが、沢でのビバークでものすごく便利です。
いずれレポアップいたします。

ところでこのオガクズ+灯油着火剤は、ボクも愛用してます。最高の火付きで手放せません。

ではでは~!

お久しぶりです。

ユウさん、

これから、アウトドアには良い季節になりますね~。 
レポアップ頂ければ嬉しいです。

おが屑+灯油のスタ-ターは、灯油臭を除けば、とても手軽でいいですね。
急ぎで多めの炭火を用意する時など、私も重宝しています。
でも、昨日、探し物があって、キャンプ用のコンテナボックスを開けたら、灯油臭が~~~~~。
後片付けが適当なので、いけません。(笑)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/722-9f7822e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。