スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格的で格安のスモーカー(燻製器) 

そろそろ燻製造りの季節を迎えます。 私のブログの中でも力の入ったジャンルですので、
過去のおすすめ道具のリンクを更新すべく、昨年から在庫切れ状態だったコールマンの

ラウンドスモーカーをチェックしてみましたが、相変わらず、在庫がありません。
ところが、メーカー違いで、ほぼ同サイズのものが、現在、超特価で入手できるようです。

コールマンのものは、売り切れ、というより、多分、嵩張る割に沢山売れないので、
量販店が在庫を縮小しているか、メーカー側が生産を縮小しているものと勝手に想像しています。

ただ、以前のコールマンの1万円をちょっと超える金額でもCPは、なかなかのものでした。
今回のものは、コールマンとほぼ同じサイズで価格が送料込ですので、1/3以下ということ

になります。嵩張っても収納出来る方は、買っておくのがお得です。
無論スチール製ですので、何年も使い続けるのは難しいですが、そのあたりは、価格との折り合い、

ということで、問題ないかと思います。

もちろん、ステンレス製で耐久性に問題のないお薦め品もあります。



例えば、軽井沢に別荘があって、広いバルコニーでスモーク造り・・・なら、これが良いですね。
どちらも、本格的にスモーク料理を楽しむなら、間違いなくお勧めの1品です。

ただ、ビギナーが、いきなり使いこなせるとは思いませんし、
アウトドアで、スモークをやっている・・・・と言われている方々が、

デイ・キャンプや、一泊二日程度のキャンプで楽しんでいる料理とは、
随分と違った、本格的なスローフードになりますので、ご注意下さい。

ここで言っているスモーク料理とは、もちろん温燻です。
熱燻は簡単・手頃ですが、その分、味の醍醐味がありません。


スモークインたかつえ
具体的には、これくらいのボリュームと質のスモーク料理ができます。
私が二泊三日のキャンプで作ったものです。

鶏腿3本とポークハム4本・4kg。
写真をクリックすると元サイズの画像で、色艶までくっきりと見えます。

調理には、時間・体力・執着心が必要で、ラウンド・スモーカーがなくとも、
ペール缶を2本繋げば、それなりに使えますが、ラウンド・スモーカーがあれば便利というところ。

自分に向いているかどうか? は、段ボールスモーカー↓でやってみれば、解ると思います。
SOTO燻家 スモークハウス

SOTO燻家 スモークハウス

価格:970円(税込、送料別)



スモーク料理について、まとめた記事が、こちらにあります。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/734-ef879d8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。