スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶつけられたマーチが戻ってきましたので、 

先日書いた、ぶつけられて、廃車交換できるかと思ったら、先方の保険が対物超過特約に
入っていたので、車両の現在価値を超えても(50万円を限度として)修理してくれ・・・・

との内容だったので、修理されて戻って来ました。9月26日にドッグインして、10月7日まで、
なぜか10日間もかかって、喜んだのは、代車を出したレンタカー屋と車の修理業者だけ・・・・

無駄に、真新しいバンパーと、綺麗な透明な左側のヘッドライト・・・・右目は、白内障気味(笑;
使った費用の半分程の金額で、他の車が購入出来たはずですが?????

まあ、日頃世話になっている修理業者が儲かったと思うので、良しとしましょう。
でも、何故10日もかかったのでしょうか? ひょっとすると、単純に曲がったナンバープレートを

再発行してもらった日数かも???? 個人的には、曲がったものを叩いて戻せば無用でしたけど・・・
どうみても新品のプレートっぽいです。
1007に戻ってきた車_edited-1

で、ぶつけられる前に外れていた、右前のブーツの修理を自分でしました。
前回書いていた、分割ブーツで自分で交換していたものでしたので、

丸々ブーツごと業者に交換してもらうと不経済ですので、外れたまま
車を返してもらいました。

折れた金属製バンド代わりの結束バンド

ところが、このブーツのバンド(写真左)、ステンレス製ですが、なかなかしっかりと締まりません。
確か、以前に初めてセットしたときも苦労したのを思い出しました。

で、とうとうカシメ部分が折れて使えなくなっちゃいました
ホームセンターで売っていたステンレス製の結束バンドは、サイズが合いません。

残り車検切れまで、1年と3ヶ月ほど使えればスクラップの予定なので、写真右の手持ちの
プラスティックの結束バンドで代用することにしました。

自分で使う車なので、これで良いか・・・・という大雑把な修理
でも、あとあと、忘れると困るので、ブログに残すことにしました。(汗; マネしちゃだめですよ。

ちなみに、もちろん、東北に寄贈した2台の軽自動車には、こんないい加減な修理の箇所はありません。
業者で診て、ちゃんと整備して出してます。

結束バンドの端を溶かしてこの結束バンドは、結び目を

緩めることができるタイプ

ですので、安全のために、

セットしたあとで、結び目を

熱で溶かして溶着させました。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/735-8209ba89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。