スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトドア用ポータブル電源:自作品の手直し 

以前にアウトドア用ポータブル電源:で単純な自作のポータブル電源を紹介しました。
今回は、それをちょっと加工。 より小型化した車(ジムニー)でも使い易くしました。

PA140010_edited-1.jpg
黄色の矢印が加工しとところです。 自動車のシガーライターの分岐ソケットを
乾電池のケースから伸ばした配線にフューズを介した後で接続しているだけですが・・・

乾電池で自動車のソケットから取り付けることのできる電気器具が使えるのは、
もちろんですが、その場合は、メス(凹型)のソケットだけを使います。

今回は、オス(凸)型のプラグも付けているのがミソです。 
これで、いつも心配だったことが解消できます。

解りますか???

車のシガーソケットに、このプラグを差し込んだらどうなるか?
車のエンジンキーは抜いたままです。

通常キーを回さないと電源が流れていないACC系統に乾電池ソケットからの12Vが
流れます。

その結果、例えば、カーオーディオが動作します。

よく、車のエンジンをかけないで、オーディオを長く使っているとエンジンバッテリーを
消耗させないかと、心配になるますが、この方法だと、心配せずに、車のオーディオが使えます。

ドライブ途中で、車内で長目の休息をとるときなど安心です。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/736-4ffa1785

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。