スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアーカウンターSを購入 

1年近く悩んでいたガイガーカウンターを購入した。
3.11直後は、欲しくても入手できなかったことと、被災地を優先すべき、との考えで遠慮。

その後は、中国製の計測精度が問題視され出したので様子見・・・国産品のリリース待ち。
で、今になって、今更必要か? と思っていたが、昨年12月から、未だに原因が特定できない

空気中のセシウムの増加と、春から増える花粉に乗った放射能の灰の拡散を考えれば、
エステー㈱が手頃なものの発売をしてくれたので、購入することにしました。

まあ、放射能灰とは、これから一生付き合うことになりますのでね。
初日の使用感をレポートします。

尚、リンク先は、私の購入先では無く、2月19日時点で一番安いと思われる販売先。
自己リスクで検討・購入して下さい。

エアーカウンターSは、γ線のみの空間線量を計測できるようにした、
家庭用の測定器との謳い文句がついてます。

個人的に測定するとして、目安としたい安全値は、3.11前には黄金律であった
年間1mSVですが、エアーカウンターSは、1時間当たりの数値、Sv/hを計測するので、
1mを(24×365)で割った数値で、0.11μSv/hを目安としたいと考えました。

でも、ちょっと調べると、新浦安在住で、こんなノンキな数字で語っていられないことが解りました。
おかんのガイガーカウンターという便利なサイトがありまして、以前見た時は、目安以下だったのですが、

本日見てみると、

0.34μSv/h千葉県浦安市海楽2丁目
02月05日(日) 08時30分(約2週間前)[詳細]
備考:植込
おかん、ちーとあかん
毎時0.114マイクロシーベルト(公衆の線量限度)超えとるで。


って、ことです。ここ2~3ヶ月で放射能の灰が降積っているってことですね。
年間に換算すると、約3mSv。 事故前の原発作業員の被曝限度の3倍?????

ちなみに、エアーカウンターsで計測した、我が家のリビングは、0.05μSv/h
玄関先は、0.07~0.09μSv/hと、ともに安全っぽい数値でした。

エアーカウンターSは、開放型の測定器なので、ピンポイントで物の放射線量を計測するには
向かないわけですが、まず、周辺の数値を測って異常のないことを確認し、

次に測りたい物を持ち込んで測れば、それなりの計測ができると思い、
リビングで、0.05μSv/hを計測した直後にリビング脇に置いていた観葉植物を

測ってみると、2つの大き目の鉢から0.20μSv/hを計測。
311後、無邪気にスーパーで買ってきたものでしたが、土壌が汚染していたのかも?

同じ要領で、食料を調べましたが、乳製品が変でした。北海道産牛乳と謳っているものが
容器のままで、0.20~0.25μSv/h・・・・・ブレンド疑惑でしょうかね?

他に、6Pチーズ(産地不明)が、0.20~0.22μSv/h

それぞれ、大きな数値では無いのでしょうが、
知らず知らず放射能を体内に吸収しつつあるわけですね。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/760-5c5673ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。