スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トタンの湯たんぽのお湯を飲むのって、島田少年だけだと思っていました。 

島田洋七の『佐賀のがばいばあちゃん』で洋七少年が水筒代わりに
お茶を入れたトタンの湯たんぽを遠足に持っていった話があります。

ブリキの湯たんぽの水トタンは、鉄板に亜鉛メッキを施したもので、
亜鉛は、有毒です。(超微量なら必要なミネラルですが)

いまどき、そのような、お湯、お茶、水を
飲料にしないと思っていましたが、

複数のキャンパーのブログで、お茶や
コーヒーに使うというのを見つけてビックリ!!

ちなみに、このワイングラスの中は、
2晩トタンの湯たんぽで使った水道水です。

普通のマグカップなどで見ると、汚れのない水に
見えますが、透かして見るとこの通り!!

これでも、飲みますか?
『ただちには、生命の危険を生ずるものでは、ない』

でしょうが・・・(汗)
私だって、脱水症状になって、

水が、これだけなら飲みますが・・・・

ブリキの湯たんぽいま書いている『トタンの湯たんぽ』というのは、
これです。 私も数年愛用しています。

でも、メーカーは、中身のお湯を飲用にするなど、
想定していませんので、くれぐれも、間違えないように。

だって、亜鉛めっきのヤカンや鍋ってないでしょう?
錆に強い代わりに、毒性があるので、料理関連では

使われていないのです。
飲むことも考えるなら、ステンレスか、銅製のものに

して下さい。 アルミは、強度が足らないようで、
製品としては、昔の水筒型のCANTEENしか、見たことがありません。

出荷スタンバイ320最後にCMになっちゃいますが、
このような、18-8 ステンレス製の

湯たんぽにもヤカンにも
なるものを制作しました。

詳しくは、3WAYケトルをクリックして下さい。






関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/780-37d2a619

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。