ふくらはぎのテーピング跡に水疱ができたりしませんでした? 

肉離れから2晩寝て、車のアクセル・ブレーキも問題なく踏めるようになり、
いったん、勝浦から浦安へ帰宅しました。 

今回は、ご近所の皆さまに心配して頂きました。 深謝。

ふくらはぎに水疱テーピングは、怪我の回復に役立つわけじゃ
ありませんが、

怪我中に無理をして動きたい時には
役に立ちました。

ただ、2日間つけっぱなしで
(本来は、運動している時以外、就寝時などは、剥がした方が良い)

剥がしてみると、水疱ができていました。
調べて見ると、

テーピングに隙間ができたり、
皺が寄ったりすると、水疱ができるとのことです。

理屈は解りますね。
漏れ止めの、ゆるいところから漏れてるわけですね。

まあ、最低限のテーピングの役割は終了しましたので、
次回からもっと気を付けてテーピングをすることに。

肉離れは、まだ、治りません。 今は、剣道のすり足のように動いています。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/785-1b9b1de5