スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メスキットを改造:ロウ付け失敗編 

本日、いつも頼りにしているプロの溶接使いの友人のところに遊びに行き、
メスキットと放熱板のアルミロウ付けについて意見を聞きました。

やっぱり・・・という感じでしたが・・・
メスキットのアルミが薄過ぎて無理では?変形する可能性あり・・・と。

まあ、私の場合、そもそも変形するほど加熱できるかどうか?の方が問題ではありますが、

手持ちの、これ、とこれでやってみました。


もともと所持していたキャンピングガスに、以前、溶接用に極細ノズルを買い足した
わけですが、アルミロウ付けに限らず、銅の溶接でも苦労してました。

もちろんスキルの問題が大でしょうが、火力が強力であれば、
スキル不足も補えるでしょうが、ブタンの火力は並み以下ですので、ダメダメコンビですね。

それでも、やってみたのは、実は、以前にこんなものまで購入していたからです。



やっぱり火力不足で使えませんでしたが、ガスバーナーを買い替えて深追いするのは
やめといて、当初予定通り、オートウェルドを注文しました。



この場合、接着には問題がないでしょうが、本来の目的であるヒートエクスチェンジャー
として機能するには、オートウェルドが熱を効率良く伝達する必要がありますが、

その点、現物で確認してみないと事前の調査では、全く熱伝導特性が解りませんでした。
到着が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/825-723b756c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。