スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メスキットを改造:オートウェルドが届いた 

オートウェルドが届いたので、予定どおり、まず、
オートウェルドが熱を伝え易いかどうか、検証します。

道具は、こんな感じ

オートウェルドの熱伝導性のチェック

ガルバニウムの金属片を2枚用意。
1枚は、そのまま、もう1枚は途中で切断後、オートウェルドで接着します。

その2枚を熱を伝えにくいもので固定し(今回は割り箸)
片側からバーナで加熱、反対側に伝わる温度の差を検証するつもりでした。

蛇足ですが、このバーナーは、海外から直接入手したトランギア用のアタッチメント。
トランギアのストームクッカーにセットできるものですが、プチかまどM3で使ってみました。

ガスボンベも汎用の使い捨てボンベが利用できるようなアタッチメントを別途入手。
ともにヤフオクでも買えます。

M3とトランギアガスバーナーアタッチメント非常時対策としては、このように、
携帯型ウッドストーブを用意して

それに簡単なアタッチメントで
ガスのカセットボンベが利用できるように

準備をしておけば、最善ではないか?
と思っています。

3.11のような災害時にどんな燃料が
安全に利用できるか? と考えてみると、

ガソリン、灯油については、
入手が困難であるのみならず、

使用そのものが危険な感じがします。
自分が使用方法をしっかり理解していても

見ていない時に他人に、勝手に
使われてしまう危険があります。

灯油とガソリンの違いが解らずに
使われると大変ですので、

割と共通認識のあるボンベが安心ではないか?と思います。

蛇足終わります。

今回の熱伝導率の検証結果は、そもそも、金属片の反対側までは、
なかなか、両方の金属片とも高熱が伝わらなかったのが意外でした。

バーナーで熱しているポイントで150℃、でも反対側は、55℃程度でした。
両方の金属片で違いが出なかったので、オートウェルドの熱伝導性も

さして問題がなかろう、との結論ですので、
いよいよメスキットにヒートエクスチェンジャーを接着します。

ただいま完全固着まで、24時間待ちの状況です。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/827-893ed673

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。