スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミ製スプレー缶のリサイクル利用 

アルミスプレー缶特に女性用の化粧スプレー缶は、
良質な,厚手のアルミ製のものが多く、

キャンプ小道具などに使えると思い、
そのまま廃棄せずに蓄えていました。

前方には、黒ニンニクの力という、
ドリンク系の別ジャンルもあります。

ドリンク系は、アルミが薄手で、
お勧めできません。

ついでに工作します。
カットはディスクグラインダーを使っていますが、スプレー缶には
可燃性のブタンガスが残っていますので、事前に小穴を空けて、

ガスを抜く必要があります。ディスクグラインダーの火花で爆発すると危険です。

横穴式キャンドル過去には、キャンプにロウソク?という表題で、
災害用キャンドルの太さにちょうど良いスプレー缶を

利用して、このような横穴を空けた
キャンドルケースを作りました。

今でも重宝しています。

プレヒートカップそれに、今回ついでに更に短く
カットしましたが、

これは、アンカーのケロシンランタン用の
アルコールを入れるプレヒートカップに

使っています。(写真はバリ取り前です)
軽くて比較的にやわらかいアルミ素材ですので、

このままランタンのグローブ(ガラスの筒)内に入れたまま携帯しますが、
グローブに当たっても、ガラスが割れることがありません。

カット後今回は、沢山ありますので、
太さの違いを利用して、

スタッキングのできる
キャンプ用カップにでも

活用しようか? と検討中。
ロシアのマトリョーシカ人形の

ように収納できますので、
面白いかも?

他の活用方法としては、太目のもので、固形燃料用のストーブとして
利用できると思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/861-3d560712

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。