スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロゴス7WAYショベルのノコギリのプチ改造 

ノコギリの機能が、物足りないのをユーザーレポートで読んで、
それを承知の上で購入したロゴス7WAYショベル、

実は、最初から、目論んでいた改善策がありました。
それも、とっても簡単で確実なもの。

ヒントは、昔使ったことのある、写真のピラニア鋸。

鋸刃が両サイドに付いているのですが、差し込み式で、両面使えます。
ノコギリの背の部分は、刃を差し込んで固定する機能と、ノコギリを挽く時に

刃が左右にブレないように、剛性を高める機能があります。

Uの字型にブレードを挟んでいるので、単純構造ですが、左右のブレが減るわけです。
その構造を頂戴して、ロゴス7WAYショベルのノコギリを強化します。

ガルバニウムの薄板を2つ折りにして、ブレードの背に挟む部分を作ります。
2つ折りにしてから、細長く切りだす(削り出す)のが楽です。

写真左のような細い、断面がUの字型の背の部分ができれば、
写真右のように、ブレードに差し込むだけ。 

ガルバニウムの薄板を2つ折りにして、細く削り出します。そのままノコギリ刃の背に被せてセット。

このまま、オリジナルセットの中に収納できます。
使用して見た感想は、同じ物を切って見ましたが、1/3の時間で楽に切れます。

多分、一般のノコギリにも似たような物を作れば効果があると思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/893-bbd8b42f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。