スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全重視で切断砥石用のホイルガードを購入しました。 

以前、ディスクグラインダー再考:研磨用と切断用のホイルガードは違う仕様だった。
で書いたホイルガードを購入しました。 単品をネットで買うと送料分が無駄になりますが、

どこのホームセンターにも無さそうだったので、怪我をする方がコストがかかるので、いいかと。

ホームセンターで注文する方法もありますが、
注文⇒電話連絡待ち⇒連絡後、受け取りに出向く・・・

との手間と時間を考えれば、送料を払ったところで、ネットの方が効率が良いでしょう。

それにしても、ほぼ、全てのホームセンターにディスクグラインダーと
対応の切断砥石を売っているのに、切断砥石用のホイルガードが無い、というのは、

問題ですね。 この、多分、大勢の人が実物を見たことがないと思われる
切断用ガードですが、一般の研磨用ガードと比べるとこんな感じです。

写真左:切断砥石用ガードと切断用ディスク 写真右:研磨用ガードと研磨用ディスク
切断用ディスクと切断用ガード 研磨用ディスクと研磨用ガード

写真左のようにカバーで覆われると安全ですが、流石に使う時に上からディスクが当たっている
位置が見えないので、使い難い点が、ガードが一般化していない理由ですね。

それと、切断用から研磨用にディスクを換える場合にガードまで換える必要があるので、
手間だということ。 まあ、でも、手間で怪我が防げるなら、良しとしましょうか。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/906-d04e8e46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。